専業主婦を希望する人が知っておいた方が良い事実

ブラボー沖縄WEBスタッフのマキです♪
4月も10日近く過ぎ、新年度の慌ただしい日々も
落ち着いてきたのではないでしょうか?

気持ちも新たに婚活を行いたい季節となりました。
今週のブログタイトルはこちらです。

『専業主婦を希望する人が知っておいた方が良い事実』

専業主婦になりたい女性はもちろん
専業主婦になって欲しい男性も
知っておいて損は無いお話しですよ。

専業主婦を希望する若い女性が
年々低下しているのをご存じでしょうか。

国立社会保障人口問題研究所
第15回出生動向基本調査2015年調査結果によると
18~34歳の未婚女性が
専業主婦を理想のライフコースと答えた割合は
18%という結果が出たそうです。
つまり5人に1人未満程度なんですね。

女性活躍、一億総活躍社会などの言葉を
メディアなどで見聞きする機会が多いためか
はたまた、税率アップ、社会保険料負担
少子高齢化に、人口減少などと
明るい未来を抱けないせいなのか

専業主婦には良いイメージが持てない
もしくは専業主婦でいられるほど
経済的に豊かでは無さそうだという
理由もあるからかもしれません。

逆に男性側から見て結婚相手には
どのような就業状況を望むのかという
年代別のデータもありました。

ただ、それだと細かくなり過ぎるので
ここでは35歳以下の男性の平均値をご紹介します。

子供なしの共働きを希望:3%
子供ありで継続した共働きを希望:34%
子供ありで産後の再就職を希望:37%
専業主婦を希望:10%
その他:15%

専業主婦を希望する35歳以下の男性は10%ですから
若い女性の“専業主婦希望 18%”よりも
だいぶ下回っていることが分かります。

もちろんライフスタイルは人それぞれですから
どちらが良い、悪いというのもありませんし
周りに合わせる必要もありません。

あくまでも現状がこうであると知ったうえで
自分はどうしたいかを考えることが大切です。

この事実を婚活にどう活用するべきかについて
女性向けだけでなく、男性向けにもお教えしますね。

<共働き、もしくは再就職を希望する女性へのアドバイス>
<お相手の女性にそれらを希望する男性へのアドバイス>

いずれも全体の中で割合が大きいのですから
安心して「自分はこのスタイルを望む」ことを
オープンにして婚活を行いましょう!

<専業主婦を希望する女性へのアドバイス>

【A】狭き門と分かった上で婚活を行う
【B】結婚相手を探しやすい再就職スタイルへ変更する

Aを選ぶ場合もライバルが多いという
現状を受け入れる「覚悟」が必要ですが
Bを選ぶ場合も、そちらを選んだことを
後悔しない「覚悟」が必要です。

先日のブログ婚活におけるブルーオーシャン戦略とは?で紹介した通り

  • ライバルの多いレッドオーシャンを選ぶのか
  • ライバルの少ないブルーオーシャンを選ぶのか

やはり自分で考えて選ぶことが大事なんですね。

<専業主婦を希望する男性向けへのアドバイス>

お相手に専業主婦を望んでいると
プロフィール等にしっかり記載しましょう。
これだけで他の男性ライバルに
差をつけることが出来ます。
専業主婦を希望する女性からのモテ度がアップしますよ!

それではWEBスタッフのマキでした。
またお会いしましょう!

===================
現在募集中のお見合いパーティーの一覧は
こちらからご覧ください♪

パーティー終了後も気になるお相手との
御縁繋ぎをサポート致します。

アフターフォローサービスも
是非ご利用下さいませ!
===================